#のりっくブログ

MT4でFX自動売買、パソコン、スマホ、タブレット、ゲーム等、好きなことを気ままに記録していくブログです。

TC6 裁量のルールを文章で書いてみる

どうも、のりっくです。

「トレーダーチャレンジ〇日目」とタイトルに入れると長くなりすぎるので、今日から「TC〇」に短縮することにしました。

 

本日のトレーダーチャレンジ

さて、今日のトレーダーチャレンジですが、今後EAを開発するうえで、裁量トレードをするときに何を考えて、どういう値動きをシグナルと捉えてやっているのかをはっきりさせる必要があると思います。

いきなりプログラミングして行きながら試行錯誤するのもとても楽しいのですが、楽しいが故に当初考えていた内容から段々ズレていってしまう危険性が高いです。

ということで、実際プログラミングをし始める前の準備として一旦文章として書きだしてみることにしました。

プログラミングするなら設計書くらい作るだろというご指摘もあるかと思いますが、プライベートで趣味のプログラミングだと、なかなかそこまで面倒なことをやる気にならないというのが現実です。(私だけでしょうか)

 

f:id:Norix7:20180705131458p:plain

 

 裁量でエントリーするときに考えていること

ロングエントリーする場合

  • 下降トレンドのとき、トレンドを確認した足で十分な時間を使って、 安値と高値をローソク足の実体で切り上げたあと、直近高値を再び上抜けたあとの押し目でトレンドを確認した足よりも短期の足で下げ止まりを確認してエントリーする。
  • 売り買いの勢いを確認しようと1分足、5分足ばかりずっとみてると小さすぎる波をエントリーシグナルと勘違いしてしまうので、トレードに主に使用する足をたまには確認して、自分がトレードしようとしているスケールの状況を正しく認識する。
  • 押し目の反転は、短期足で切り下げラインを引いてライン上抜けで判断して、その後の気持ちひと押しがあったらエントリーする。
  • 含み益が出ているとき、レジスタンスされそうなところで利確する。(本当は一部だけ利確して、一部はその後の動きに追従させたいので、EAにするときは自動で分割エントリーするようにしたい。手動ではストップロスやテイクプロフィットのラインをいくつも動かすのが難しい。ミスしそう。)
  • 反発力の強そうなレジ・サポや節目のラインに挟まれているときは、その値幅をみて利益を出せるかどうかを考える。30pips程度だと出せて5~10pips程度だと考えている。
  • ゆったりした流れの時はティックの動きでも上下の勢いがなんとなく分かる(気がする)。
  • 欧州時間の初動でストップ狩りされた経験が多い。危険な気がしてる。(他人の言葉を鵜呑みにして思い込み?)
  • ブレイク初動に乗ると大体プラ転する前に一旦下げる。損失を少なくするために浅めにストップを入れることが多いので大体ストップに掛かり、その後上昇する。(ブレイク初動に飛び乗らないこと。)
  • ブレイク初動が押し目を作らず上げて行ってしまうと焦って飛び乗るが大体ほとんど伸びず、ストップロスを建値に移動する余裕が無く±0付近を行ったり来たりして、そのうち押し目をつくるのに下げたところでストップに掛かって損切になる。(ブレイク初動で一気に上げて行ってしまったときは熱くならずに一回諦めて落ち着くこと。)

ショートエントリーする場合

  • ロングエントリーの逆。

トレード全般のルール

  • リスクリワード比が1.0を下回るトレードはしないこと。
  • 1回のトレードの損失は証拠金の1%以内にすること。
  • 損切ラインはルールに従って決めたところから下げないこと。
  • ストップロスは必ず設定すること。
  • 含み益が出ていて長時間チャートが見れないときはトレールを設定すること。
  • 酒を飲んでトレードしないこと。(集中力、自律が必要)
  • 邪魔が入ると分かっているときはトレードしないこと。
  • 勝率100%は、100%あり得ない。
  • 目をつぶってエントリーしてもプラスになることがある。
  • 正しいことをしてもマイナスになることがある。
  • 勝負するのではなく、トレードすること。
  • 次の瞬間どんな可能性もある。1秒先のチャートも分からない。直前の値動きから優位性が高い状況になったらエントリーする。
  • 数回ではなく最低数十回のトータルでプラスになれば良い。
  • 生活費でトレードしないこと。
  • 決済注文は自分の感情や期待とは一切関係なく機械的に行うこと。
  • トレードを楽しむこと!

 書き出してみて感じたこと

裁量トレードをするときは、チャートの形だけでなく、動くスピードなども見て、状況により考えることが変わっているので、それを文章で表現するのはかなり難しかったですが、普段感覚でやっていることを文章することで、意識していなかった癖に気付くことができたのは大きな発見でした。

また、書き出すために自分ルールを思い起こしている中で、普段のトレードではほとんど無視している・やっていない内容も出てきました。「こうした方がいい。これは大事だ」と思っていることも実際はやっていなかったということです。(今回はその内容も含めて書きました。)

 

自分のルールを文章にして書けるくらいしっかり把握していれば、感情に流されてルールを破りそうになってることにもすぐに気付くことができそうですね。

 

今日はエントリーのことしかできませんでした。完結したとは言えないので、今後も続けていこうと思います。

  

それでは、次もがんばりましょう!