#のりっくブログ

MT4でFX自動売買、パソコン、スマホ、タブレット、ゲーム等、好きなことを気ままに記録していくブログです。

1週間お疲れ様でした

どうも、のりっくです。

 

みなさん1週間トレードお疲れ様でした。私は1時前に全ポジクローズしてEAを止めましたので、これで今週のトレードはおしまいです。

 

 XMで実際にトレードしてみて分かったのは、ストップレベルがかなり大きいということで、ポン円に至っては108ポイントでした。私の理解が合っていれば10.8pips以上現在のレートから離れたところでないと指値、逆指値の注文が出せないということのようです。

 

例えば、買いで入ったときは下値が切り上げられていったときに損切ラインも上げていきたいのに、ボラティリティが低下してきても現在レートから10pipsより近くには損切を置けないということになります。

 

やたらストップロスのレートを変更する関数でエラーが出まくったので原因を調べたことでポン円のストップレベルの大きさに気が付きました。

 

XMはただでさえスプレッドが広いので、これはかなり致命的だと思います。

 

対処としては、最初の注文時の損切の逆指値はセーフティとしてストップレベル以上離して設定しておき、実際の決済はEA側で判断して成行で行うようにすることを考えています。

 

決済を成行注文で行うようにするメリットとしては、今まで売りポジに対する決済レートをスプレッドを考慮して決めていたのを、Bidのレート一本で処理できるようになります。

 

デメリットとしては、EAが未決済ポジをどこで決済しようとしているのかをチャート上で確認できなくなります。

 

外出しているときにスマホ画面で損切ラインを変更できなくなるのはかなり痛いですね。まだEAの精度も高くないので「チョット待ってくれ!」となることも結構ありますからね。

 

今までforex.comを使ってて気にしたことが無かったんですが、forex.comの方はストップレベルどれくらいだったんだろう…?ちょっと気になりますね。

 

長くなりました。明日は朝から予定が入っているので、今日はこの辺でおやすみなさい😎